読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のマツダの7人乗りSUVとミニバンを比較するブログ

2017年のマツダの7人乗りのSUVとミニバンを比較しました。CX-6、プレマシー、ビアンテ、MPVのどれがオススメ?ディーゼルとハイブリッドどっちがお得?スライドドアとSUVはどちらが便利?新型モデルと中古の車種別の価格比較情報。

マツダ ビアンテは生産終了?フルモデルチェンジはあるか?

2016/2/29の日本経済新聞を含む各社が報道した「マツダのミニバン撤退」。当然、当のマツダは件を認めてはいないけれど、「火のない所に煙は立たぬ」。スカイアクティブ、鼓動デザインとSUV路線のマツダの動向を見ると、否定する意見はほとんど見当たりません。

そんなマツダの現在のカーラインナップの中で残っている「ミニバン」は、プレマシーとビアンテ。ビアンテのフルモデルチェンジ情報があるのかを探ってみました。

残念ながら生産終了が濃厚

ビアンテは2008年にデビューしてから、フルモデルチェンジは経験しておらず現行型の一代だけ。2017年現在9年経過ということになります。2013年にSKYACTIVE技術の開発されたエンジンとトランスミッションを搭載するマイナーチェンジを実施以来、実質的には大きなマイナーチェンジは行われていません。他のモデル、特にフルSKYACTIVEなモデルがマイナーチェンジを繰り返している状況を見ると、開発費を抑えている状況のようにも思えます。

ビアンテは残念ながら、販売台数がライバルのノアやセレナなどに比べて1桁少ない、いわゆる不人気車。テレビCMや広告の少なさから、メーカーの力の入れ方自体が同マツダの他のラインナップより低いように見られていました。ミニバンに対して積極的でない現状から、ビアンテにテコ入れする可能性は低いと言えます。実際、今後のマイナーチェンジ情報についても両車ともに出てきていません。

この状況に加えて、北米向けに導入した3列シートSUV『CX-9』の縮小版である『CX-6』の発表が2017年秋と噂されています。その発表後2018年1月に生産終了が濃厚と目されています。

今がモデル末期として新車の値引きには期待

上述の状況から、いわゆる「モデル末期」という状況は間違いなく、値引き幅も拡大しているようです。車両本体からオプションや下取り価格UPなども含む総値引額でいうと40万円程度という口コミがネット上に多数掲載されています。

プレマシーのzoom-zoom思想の流れを受けたスポーティーなハンドリング、乗り味には定評があり、今でも色褪せていません。スポーティーといっても比較的柔らかめのセッティングというの大人っぽい判断ではないでしょうか。SKYACTIV技術の採用により、今時の高効率エンジンも手に入れています。ハイブリッドや自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロールのような最先端技術の必要がない場合は、お得にデキのいいクルマが購入できるチャンスだとも取ることができますね。

ではでは

広告を非表示にする