読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のマツダの7人乗りSUVとミニバンを比較するブログ

2017年のマツダの7人乗りのSUVとミニバンを比較しました。CX-6、プレマシー、ビアンテ、MPVのどれがオススメ?ディーゼルとハイブリッドどっちがお得?スライドドアとSUVはどちらが便利?新型モデルと中古の車種別の価格比較情報。

マツダ CX-6のサイズ感はどのくらい?

CX-6(3列シートSUV)

2017年秋に発表されると度々報道されているマツダのCX-6。CX-6の内容次第でミニバン購入を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、このマツダCX-6は関連車種や予想ライバル車の情報を元にして、サイズ感の予想を行ってみたいと思います。

CX-6のサイズ予想

CX-6は2017年にデビュした新型CX-5をベースとしたSUVで、3列シートの7人乗りモデルになると噂されています。マツダの7人乗りSUVとしては、すでに北米で市販されているCX-9がありますが、このCX-9は日本に持ち込むには大き過ぎるため、CX-5をベースとしてCX-9を上回らないサイズ感になると予想されます。

また、CX-6はアジア地域の最上級SUVとしても位置づけられるようで、『トヨタ フォーチュナー』と『三菱 モンテロスポーツ』がライバルになると見られています。そのため、これらと同程度のサイズ感になる可能性も高いです。
>>参考記事(オートックワン)

以下が予想スペックです。

CX-5 CX-6 CX-9 フォーチュナー モンテロスポーツ
全長 4545 4795 5065 4795 4785
全幅 1840 1840 1930 1855 1815
全高 1690 1728 1728 1835 1805
ホイールベース 2700 2800 2870 2745 2800

まずはCX-6の全長の根拠としては、「トヨタ フォーチュナー」に合わせました。同サイズの3列シートとしてギリギリ確保が必要な長さであり、CX-9よりも短いのでクラス感に合っていると思います。一方全幅はベースから大きくは変えられないでしょうから、CX-5据え置き。全高も鼓動デザインを踏襲すると見られるため、ライバルより低めかつ3列目の頭上スペースを確保するためにCX-9相当としています。ホイールベースは3列シートの制限から決まるでしょうから、同クラスの「三菱モンテロスポーツ」の数値を持ってきました。

CX-6とライバルミニバンとをサイズ比較

CX-6のサイズ比較の数値が整ったところで、ライバルのミニバンとサイズ比較をしてみます。7人乗りSUVとして勢いを増しつつある「三菱 アウトランダー」、ミニバン代表として5ナンバーサイズの「トヨタ ノア」と最大級サイズの「トヨタ アルファード」を比較対象としてピックアップします。

予想から弾かれた数値は、3ナンバーサイズとしても割と大柄。鼓動デザインがボンネットの長さを大事にしたクーペライクなキレイなデザインであることから全長も長めになっているんだと思います。全幅も踏ん張り感の演出目的のデザインのための数値とも思えてきます。

以下が比較表です。

CX-6 アウトランダー アルファード ノア
全長 4795 4695 4935 4710
全幅 1840 1810 1850 1730
全高 1728 1710 1880 1825
ホイールベース 2800 2670 3000 2850

アウトランダーよりもワンランク上のサイズ感になりそうですね。全幅はアルファードに迫る勢いで、ノアよりも全長があるとなると迫力のあるボディ造形になるはずです。それでいて全高は抑えられ、ホイールベースもしっかり広げられていますから、伸びやかな鼓動デザインはキープできそうです。

少し大柄ですから、マツダのSUV展開の中でも国内のフラッグシップ扱いになる可能性がありますね。

まとめ

CX-6のサイズ感を既存の情報を元に分析、予想してみました。堂々としたスタイリングのフラッグシップSUVとなりそうで、俄然期待が高まります。3列シートで伸びやかなスタイリングを持つクルマってなかなか少ないので、クルマ好きなパパ達のハートをガッチリ掴んでいただきたいな、と勝手ながら願わせて頂いております。

ではでは