読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のマツダの7人乗りSUVとミニバンを比較するブログ

2017年のマツダの7人乗りのSUVとミニバンを比較しました。CX-6、プレマシー、ビアンテ、MPVのどれがオススメ?ディーゼルとハイブリッドどっちがお得?スライドドアとSUVはどちらが便利?新型モデルと中古の車種別の価格比較情報。

マツダ CX-8のサイズ感はどのくらい?

2017年内に発売されると公表されたマツダの『CX-8』。CX-8の内容次第でミニバン購入を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、このマツダCX-8は一体どの位のサイズ感のクルマなのか?関連車種との比較を行いながら検証していきます!

CX-8の公表サイズと数値比較

f:id:bekaz:20170429000857j:plain

CX-8は2017年にデビューした新型CX-5をベースとしたSUVで、3列シートの6人乗りもしくは7人乗りモデルであると発表されています。マツダの7人乗りSUVとしては、すでに北米で市販されているCX-9がありますが、このCX-9は日本に持ち込むには大き過ぎるため、CX-5をベースとして日本国内でも実用的なサイズ感のSUVとしたと言われています。

「CX-6のサイズ感を予想」としてCX-8のサイズ予想をしていた私ですが、正解なるか!? 公開されたサイズ情報は以下です!

CX-5 CX-6(予想) CX-8 CX-9
全長 4545 4795 4900 5065
全幅 1840 1840 1840 1930
全高 1690 1728 1730 1728
ホイールベース 2700 2800 2930 2870

どうですか!? 全幅と全高は当たっていましたよ!ちょっと嬉しい。

予想以上だったのがホイールベース。まさかCX-9を超えてくるとは。これは居住性を優先した結果ではないかと思います。CX-9の3列目はお世辞にも広いとは言えないです。図体はでかいのに。CX-9より短い全長でよりホイールベースを伸ばして来たということは、3列目の居住性に直結する後輪の位置を最適化したのかと想像できます。

なかなか期待大なスペックですね。

CX-8のライバル車種と数値比較

次はCX-8とライバル車種のサイズ比較をしてみます。ミドルサイズSUVの代表格として「日産エクストレイル」。大型SUVとして「トヨタランドクルーザー」。トヨタランドクルーザーは実用的なサイズとは言い難いので、、CX-8は中間ほどのサイズになるだろうと予想できます。

また、CX-8はアジア地域の最上級SUVとしても位置づけられるようで、『トヨタ フォーチュナー』と『三菱 モンテロスポーツ』がライバルになると見られています。これらのクルマとも比較してみます。

エクストレイル CX-8 ランクル フォーチュナー モンテロスポーツ
全長 4640 4900 4950   4795 4785
全幅 1820 1840 1980   1855 1815
全高 1715 1730 1880   1835 1805
ホイールベース 2705 2930 2850   2745 2800

まずエクストレイルに比べると全長が違いますね。エクストレイルの3列目は簡易的も簡易的で、子供以外には厳しすぎるサイズ感になっています。CX-8そこをホイールベースを広げてもう少し頑張っているようです。ランクルに対しては一回り小さいですね。国内の実用的なサイズの限界点という印象を受けます。

CX-8とライバルミニバンとをサイズ比較

f:id:bekaz:20170429001026j:plain (写真はCX-9のものです)

次は、ライバルのミニバンとサイズ比較をしてみます。7人乗りSUVとして勢いを増しつつある「三菱 アウトランダー」、ミニバン代表として5ナンバーサイズの「トヨタ ノア」と最大級サイズの「トヨタ アルファード」を比較対象としてピックアップします。

3ナンバーサイズとしても割と大柄なCX-9。鼓動デザインはボンネットの長さを大事にしたクーペライクなキレイなデザインであることが印象的ですが、室内を広げてもデザインを成り立つようにするためにもこの全長が必要だったのかなと思います。全幅も踏ん張り感の演出目的の、デザインのための数値とも思えてきます。

さて、以下がミニバンとの比較表です。

CX-8 アウトランダー アルファード ノア
全長 4900 4695 4935 4710
全幅 1840 1810 1850 1730
全高 1730 1710 1880 1825
ホイールベース 2930 2670 3000 2850

ここでもアウトランダーよりもワンランク上のサイズ感になりそうですね。全幅はアルファードに迫る勢いで、ノアよりも全長があるとなると迫力のあるボディ造形になるはずです。それでいて全高は抑えられ、ホイールベースもしっかり広げられていますから、伸びやかな鼓動デザインはキープできそうです。 マツダのSUV展開の中でも国内のフラッグシップ扱いになるというだけあって、アルファードに匹敵するような上級感のあるデザインになるのではないでしょうか。

まとめ

CX-8のサイズ感を比較しましたが、近いサイズ感のライバル車を見ても堂々としたスタイリングの上級SUVとなりそうで、俄然期待が高まります。3列シートで伸びやかなスタイリングを持つクルマってなかなか少ないので、クルマ好きなパパ達のハートをガッチリ掴んでいただきたいな、と勝手ながら願わせて頂いております。

ではでは

広告を非表示にする