読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のマツダの7人乗りSUVとミニバンを比較するブログ

2017年のマツダの7人乗りのSUVとミニバンを比較しました。CX-6、プレマシー、ビアンテ、MPVのどれがオススメ?ディーゼルとハイブリッドどっちがお得?スライドドアとSUVはどちらが便利?新型モデルと中古の車種別の価格比較情報。

マツダ CX-8はスライドドアとヒンジドア、どちらになる!?

2016年頃からマツダが3列シートSUVを開発中として、たびたびその存在が囁かれてきた「CX-8」。マツダがとうとう2017年4月28日に「CX-8」の導入を正式に公表しました。一部では、マツダへの問い合わせが増加していたことが原因とも噂されています。

この「CX-8」は3列シートの6人もしくは7人乗りの仕様なので、子育て世代 の方々にとってはやっぱりスライドドアが搭載されるのかどうかも非常に気になるポイントではないかと思います。私自身、3人の子持ちですので、この点非常に気になっています。

公開された内装写真からは

f:id:bekaz:20170429000857j:plain

ニュースリリースの際には、6人乗り仕様のCX-8の内装写真も公開されました。この内装写真の2列目ドアの形状からすると、オーソドックスなヒンジドアのリアドア形状に見えます。リアドアから後ろの車体後端までの距離も少なく、スライドドアをしっかり開けされるスペースが確保できないように思います。

今のところスライドドアかどうかは公表されていませんが、プレスリリース内の小飼社長のコメントには、「3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUV」という表現がありました。

パッケージングについてのみ言及され、車種の表現も「クロスオーバーSUV」という言い方であり「ミニバン」という表現はリリース文の中には一つもありませんでした。「ミニバン」という表記がないからスライドドアなしと直結する訳ではありません。しかしながら、あくまで「3列目がちゃんと使える」SUVという点に重きが置かれているような表記に私は感じました。

マツダはCX-8をミニバンとSUVの融合という捉え方ではなく、あくまでCX-5などと同様のカテゴリと捉えているからこそ、スライドドアという要素は持ち込まないのではないかと思っています。

残念ながら現時点では内装からの推測の域を出ないのですが、また詳細情報が手に入ったら更新したいと思っています。

では!

広告を非表示にする