読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のマツダの7人乗りSUVとミニバンを比較するブログ

2017年のマツダの7人乗りのSUVとミニバンを比較しました。CX-6、プレマシー、ビアンテ、MPVのどれがオススメ?ディーゼルとハイブリッドどっちがお得?スライドドアとSUVはどちらが便利?新型モデルと中古の車種別の価格比較情報。

マツダ プレマシーの値引き情報!口コミ情報をまとめます。

マツダのプレマシーの値引き情報をまとめました。デビューから7年経過した現行モデルの値引きはどのくらいなのか?実際の購入者の値引き口コミ情報を集めてみました。もともと割安なプレマシーがどれくらいお得に買えるのか?購入価格を分析!

マツダのプレマシーは、現行モデルがデビューしてから7年になろうとしています。生産終了もささやかれる今、値引きとしては最も熱い時期ですね。もともと内容に対して割安だとの評判のプレマシーですが、一体どのくらいの値引きが期待できるのか見てみたいと思います!

値引きの口コミ情報から調査

価格.comに投稿されている新しめの口コミから、値引き情報について言及されているものをピックアップしました。

投稿元 本体値引き額 オプション値引き額
投稿1 45万円 5万円
投稿2 30万円 20万円
投稿3 30万円 10万円
投稿4 35万円 15万円
投稿5 25万円 10万円

元々マツダは値引きがスゴいことで定評がありましたが、プレマシーも総額30~50万円と大幅な値引きがありますね。鼓動デザインのCX-5などになってからは、「値引きをしない宣言」などあり、正価販売が基本となっています。しかし、プレマシーはその対象外のようですね。モデル末期ということも相まって大きな値引きが見込めそうです。

もちろん、ここに載せた人はそこそこ交渉をした方々でしょうから、一発で引き出せるとは思えません。この金額を参考にして目標額は50万円として、この水準を引き出したら買う、というような気持ちで挑むと良さそうです。

雑誌の値引き情報から調査

口コミから目標金額は導き出せましたが、プロの目から見た値引き額はどの程度なのでしょうか。私はまぁ各種クルマ雑誌をチェックするのが趣味でしてw、今回は『ザ・マイカー(2017年5月号)』からプロの値引き限界額をチェックしてみました。

その限界額は31万円!おや、口コミ情報からも同等かそれ以上の価格を引き出せていますね。この限界額にはオプションの値引きは含まれていないでしょうから、本体値引き額から30万円を引き出した上で、オプションでどのくらい頑張るかですね。

では!

私は以下のサービスで感触確認の見積もりをしてみています。見積もり後のセールス攻撃が少なく安心。
>> ネットでとりあえず見積もってみるならコチラ

広告を非表示にする